こんにちは、ブロガーの藤沼です。

今回は、Googleサーチコンソールの使用法として「各ページの検索順位を総上げする手法」をご紹介します。

サーチコンソールには様々な使い方がありますが、本記事でご紹介する使い方の優先度は「高」です。

今回の手法を実践すべき時期は、次のとおりです。

実践すべき時期

  • ブログ記事を書いてから、3~6ヶ月経過後

まだブログを立ち上げて3~6ヶ月が経過していない方は、分析の前に「新記事の執筆」を優先しましょう。

記事執筆後3~6ヶ月は、検索順位が安定しないため、分析する必要がないからです。

 

スポンサーリンク




サーチコンソールを使用し、各ページの検索順位を総上げする手法

やり方の前に、分析の目的を明確にします。

分析目的

ページ毎の検索キーワードを知り、全てのキーワードで上位表示させる

SEO目的のブログ記事を書く場合、必ずキーワードリストから1つのキーワードを選定し、記事を書きます。

※ 複数のキーワードを狙うケースもありますが、基本的に1ページ1キーワードです。

しかし、結果的に様々なキーワードで検索され、流入することがほとんどでしょう。

また、意図しないBIGキーワードで流入しているケースもあります。

意図しないようなBIGキーワードで流入がある場合、記事を執筆した時点ではそのキーワードに向けた記事を書いていない為、そのキーワードを意識してリライトし、BIGキーワードでも上位表示させるべきです。

 

やり方(画像で解説)

というわけで、そもそもどのような検索で流入しているかを調べましょう。

やり方は簡単で、サーチコンソールでページ(URL)を指定し、クエリをダウンロードするだけです。

クエリのダウンロードは、1ページ毎にしか出来ないですが、できれば全ページダウンロードしましょう。(ちょっと面倒です。)

 

ここでは、私のブログを例に、画像付きで順を追って説明します。

今回は、次のページのクエリを調べたいと思います。

例:https://cparody.com/boki-1kyuu-bokiron/

当初狙っていたキーワードは、「簿記1級 簿記論」というキーワードです。

ちょっと聞きなれない単語だと思うので、軽く解説入れます。
「簿記1級」というのは、日商簿記という資格の1つです。「簿記論」というのは、税理士試験の科目の1つです。
それぞれ別々の試験ですが、範囲や難易度が類似しているため、「どっちを取得した方が良いか?」と疑問を抱く人が多いです。
そのため、どちらが良いのか?というペルソナに向けた記事を書きました。

さて、まずサーチコンソールに飛び、「検索パフォーマンス」をクリックします。

サーチコンソール1

「日付」は、過去28日間がオススメです。

季節的な変動があるキーワードの場合は長めにすべきですが、通常は1ヶ月程度データがあれば良いでしょう。

サーチコンソール2

こんな感じで選びます。

サーチコンソール3

次に「新規」をクリックし、「ページ」を指定しましょう。

サーチコンソール4

ここでは先ほどのURLを入力し、当該ページの情報を開きます。

サーチコンソール5

適用を押すと、検索ボリュームの推移の下に、クエリ情報が表示されます。

サーチコンソール6

画面上で見える情報は、「クリック数」と「表示回数」だけです。

これだけでは詳細な分析ができないため、画像右上にある「↓」マークをクリックし、データをエクスポートしましょう。

エクスポート方法には「CSVでのダウンロード」と「Googleスプレッドシートで表示」の2つがあります。

 

CSVでダウンロードできると早いのですが、私の場合はなぜか文字化けしてしまうため、「Googleスプレッドシートで表示」してからコピペしてエクセルに貼り付けています。

さて、エクスポートしたデータは次のとおりです。(解説するため、色付けしています。)

サーチコンソール7

「簿記1級」だったり「簿記一級」だったりの違いはありますが、まずは「簿記1級 簿記論」で1位を獲得できていることが分かりますね。

青く色付けしたのが、狙ったキーワードです。

一方、オレンジ色のキーワードは狙っていなかったキーワードです。

「簿記1級 税理士」というキーワードで多く検索されているのが分かりますね。

こちらは狙っていないため、検索順位は6位前後と低いです。

この「簿記1級 税理士」というキーワードも狙って記事を書くことで、この記事1つで多くの流入が見込めることになります。

 

リライトの際は、ペルソナが変わってしまう可能性に要注意

この分析はわりと合理的に見えますが、2点注意です。

1つ目の注意点が、「記事のペルソナが変わってしまう可能性」です。

初めに対象としたキーワードのペルソナと、新たに追記することになるキーワードに対するペルソナは、基本的に異なるはずです。

そのため、1つの記事内で複数のキーワードを対象とした記事を書いてしまうと、検索意図と検索結果がズレてしまうことになります。

すなわちGoogleが望まない検索結果になってしまため、検索順位を下げられてしまう可能性があります。

 

ペルソナが変わるかどうか、確認する方法

そこで、新しく追記するキーワードのペルソナが、初めのキーワードのペルソナとどの程度異なるのか、確認してから記事をリライトする必要があります。

もし「ほぼ同様のペルソナ」なのであれば、リライトしてもGoogleからの評価は下がりませんからね。

やり方は簡単で、初めに設定したキーワードと新たに追加する予定のキーワードで検索するだけです。

「簿記1級 簿記論」で検索した結果

サーチコンソール8

「簿記1級 税理士」で検索した結果

サーチコンソール9

画像は、Google検索結果の上位6位のスクショです。

6サイト中3サイトが同じサイトであることが分かりますね。

つまり、Google先生的には「簿記1級 簿記論」も「簿記1級 税理士」も、似たようなペルソナが検索しているよ、という結果を意味しています。

 

どの程度サイトが被ればリライトすべきか、というのは好みによりますが、私なら半分以上同じサイトが出てきたら迷いなく2つ目のキーワードも狙います。

一方で、もし検索結果が全く異なるような場合には、諦めて新たに1記事(新しいキーワードを狙って)書く必要があるでしょう。

 

リライト前に、記事間のキーワード重複に要注意

2つ目の注意点が、他の記事との重複です。

新キーワードも狙ってリライトする前に、既に執筆済みの他記事と、キーワードの重複がないか確認しましょう。

やり方は簡単で、こちらもGoogleサーチコンソールを使います。

 

まず、サーチコンソールの「新規」をクリックし、「検索キーワード」をクリックします。

サーチコンソール10

次に、新しくリライトを考えている「簿記1級 税理士」というキーワードを入力し、適用をクリックします。

すると、下部の「ページ」として、当該検索キーワードで流入しているページ(URL)が表示されます。

サーチコンソール11

私の場合、リライトしようとしている記事の他に、もう1記事「簿記1級 税理士」で流入している記事がありますね。

もしこの「他の記事」からの流入が多い場合、リライトをしてもさほど効果が得られない可能性があります。

理由は、Googleからの評価が2つの記事に分散してしまうためです。

そのため、リライトをする場合には、もう1つの記事の方から「簿記1級 税理士」というようなキーワードを外すようにリライトとする必要があります。

ちょっと伝わりづらいので、まとめます。

  • リライトする記事:「簿記1級 税理士」も狙ってリライト
  • 重複している記事:「簿記1級 税理士」というキーワードをできるだけ外してリライト

これでGoogleからの評価が1記事のみに集中するため、リライトの効果が高く得られます。

ちなみに、上記画像程度の重複であれば、重複とはみなしません。

今回は以上です。

Googleサーチコンソールを上手く活用し、SEOの効率を高めましょう。